Message

新横浜ヒロクリニック訪問診療では、共に学び、クリニックや地域医療の成長を育みたいと思う方々を募集しています。

 令和元年版高齢社会白書によると、治る見込みがない病気にかかった場合、60歳以上の人の半数以上(51%) が「自宅で」最期を迎えたいと希望していることが分かります。そのような背景には「住み慣れた場所で最期を迎えたい」「できるだけ家族との時間を過ごしたい」「家族に看取られたい」などの想いが多くあります。
 すなわち、私たちの医療を求める患者さんは、ご自身がどう生きたいのか・何を大切に過ごしたいのか・どのように最期を迎えたいのかを聞き、大切な時間を穏やかに暮らすサポートをして欲しいと感じておられる方々です。また、そのご家族や同居人の方々は、患者さんにどのように対応してあげればいいのか相談したいと思っておられます。


そこで、私たちはこのような方々を歓迎します!
① 探究心のある方
② 変化と向き合い、楽しめる方
③ スピリチュアル・ケアを意識している方

 訪問診療では、ご自宅や施設にお伺いし実際に患者さんの生活を見ることで、それぞれに合った診療方針や計画、コミュニケーションを検討します。
 特に、当クリニックで緩和ケアに関わる際にはスピリチュアリティを意識した医療の実践を重要視し、身体的な疼痛と同様に患者様の精神的な面にも共感する姿勢でいます。
 
顧問には緩和ケア医の第一人者である山崎章郎先生をお迎えしています。
これまでの領域を越えて新しい出会いや出来事・変化に対して、探究心を持って前向きに向き合う仲間をいつでもお待ちしています。
また、医療クオリティの向上を目的とした各分野の第一線の講師による定期的な研修を行います。


働きやすい体制

私たちは、 患者さんのために様々な職種のメンバーが連携し、互いに支え合うチームです。そのために、働く人たち自身が幸せであってこそより良いチームワークを発揮できると考えます。

■ さまざまな働き方を支援します。ご相談ください!

訪問診療を学びたい方/ 病院に在籍中などでアルバイトで働きたい方(土日の選択肢もあり)/ 子育て中で日中の勤務を希望される方 など

■ 日中と夜間・休日のスケジュールを分担

主治医と当直医で連携し勤務スケジュールを分担することで、全体のパフォーマンスの向上を図ります。クラウド型電子カルテを使用し、リアルタイムで円滑な情報共有を行います。

■ 関連グループとの連携

横浜市内にある関連グループの訪問看護ステーションや介護施設との関わりは、協力関係であり学びの機会でもあります。定期的なカンファや日常でのコミュニケーションが医療の質の向上へと繋がり、グループ内だけでなく地域の医療機関との信頼関係を育みます。

■ 各種研修や資格取得のサポート

第一線で活躍する講師をお迎えし、医師看護師にとって臨床に役立つ研修や勉強会を定期的に開催します。また、事務スタッフや診療アシスタントのスキルアップに向けた資格取得等の支援も行います。

地域や未来のために何ができるのか?
職種問わず、仲間の意見に耳を傾け、尊重し合う環境づくりを大切にします。